洋形封筒

 

基本的には長形封筒と同じ書き方ですが、裏書きが少し違います。また洋形封筒は横書きの場合もあります。


<表書き・横書きの場合>

向きは切手が右上にくるようにして書きます。

住所を書く時は、切手を貼るスペースは残しておきましょう。宛名は封筒の中央にくるように書き、番地などは算用数字で記入してください。目上の人や取引先・冠婚葬祭関連の場合、横書きは使用せずに縦書きにしましょう。

<裏書き>

和封筒とは異なり、洋形封筒は封をする部分が中心にきます。縦書きの場合、差出人の宛名は、封の左側に記入します。不祝儀の手紙の場合は、通常の封の仕方と逆に左前の封になります。そのときの宛名は右側に書くようにしてください。横書きの場合は、封の下に差出人の住所と氏名を書きましょう。

普段何気なく書いている封筒ですが、知らず知らずのうちに間違った書き方をしていることがあります。

相手に「常識知らず」と思われないためにも基本的な封筒の書き方は覚えておきましょう。